詩集★雨と棘の痛み

生ぬるい。

痛い。

気持ちいい。

冷たい。

雨。

ある人が

ある日のブログ

言っていた。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆

・・前略

昨日の午前中は

いやなことがいっぱい起こったけど

夜にはいい事があったりした。

バランスをとろうとしているのか。

そこはずっと

幸せなほうにアンバランスでいたい!

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

私は、時々鳴く。

ひどく、つよく、ちいさく 啼く。

そんなコトが続いても

にっこり笑ったりしている。

ちくっと刺さった

手のひらの棘。

いつの間にか消えていた。

だけど

その感覚は今でもちょっとだけ残ってる。

雨も似ている。

刺さった棘やその痛みが

今はまったくなかったような

降ったような、気のせいのような

そうやって、また雨は降る。

雨が降らない日が来るなんて

今は思ってないけれど。