なぜ、そんなに優しいのか。不思議なくらいのあたたかさ。

冷めた缶コーヒーを両手で温めるような

自然な力がそこにはあった。

枯れた花が蕾をつける。

そんな元気を与えてくれた。

いつか私もそうありたい。

そんな生命(いのち)に触れていたい。